メニュー

TOP > Q&A > 相続に関するQ&A

相続に関するQ&A

都内(23区内)に住んでいる両親が、介護施設等に入所して実家に住まなくなりました。
実家を相続する自分も、他に自宅があることから実家に住む予定はありません。
このような場合、どんな空き家対策がありますか。

家が修復不能になってしまうと、大きな税金リスク・管理リスクを抱えてしまいます。
したがって、空き家になってしまった時点、または空き家になりそうなことがわかっていればあらかじめ空き家対策をすることが望ましいでしょう。
対策方法は【売る】【貸す】【維持する】の3つですが、それぞれ一長一短があります。
対策を講じるなら、できるだけ早い段階から専門家に相談することをおすすめします。

定年を前に、親が生きているうちに実家の建て替えかリフォームを検討しています。
建て替えかリフォームするにあたり、相続対策も同時に行なうことはできますか?

将来、実家を相続することがあきらかな場合、二世帯住宅への建て替えかリフォームを
行なうと【小規模宅地等の特例の活用】を利用して330m²までの部分については80%の評価減になります。
ただし、この特例の適用を受けられない場合もあるので、事前に専門家に相談することを
おすすめします。

二世帯住宅を二世帯住宅ローンを組んで建てようと考えています。
事前に注意することはありますか?

二世帯住宅ローンは親世帯・子世帯で協力して住宅ローンの支払いができるメリットが
あります。
ただし、親子で住宅ローン契約を結ぶと相続時に大きなトラブルになる場合があります。
親が亡くなった後の【相続】で起きる深刻なトラブルを事前に避けるためにも、あらかじめ
専門家を交えて相談することをおすすめします。

交通の便が良い市街地にある親の実家について、固定資産税・都市計画税などの負担を減らす方法はありますか?

住宅を建てると、固定資産税の対象となる評価額が低減されます。
さらに賃貸住宅では、住戸1戸単位(戸数×200m²まで)評価減を受けられます。
つまり、駐車場やコインランドリーなどの非住宅用地では固定資産税の軽減は
ありませんが、賃貸住宅を建てることで土地にかかる固定資産税が軽減されます。
あわせて、相続税の負担も大きく軽減されることから、相続対策としても有効です。
税金対策として賃貸住宅を建てる方法は効果的ですが、決して感覚だけで賃貸住宅
を建ててはいけません。事前に専門家に相談することをおすすめします。

相続税対策として遊休地での賃貸住宅の建築を勧められています。
なぜ、賃貸住宅を建てると相続税対策になるのでしょうか?

平成27年1月から【相続税】基礎控除額が改正されたことで、将来的に
相続税の課税対象となる方が増えています。
この状況を緩和する目的で見直された制度が【小規模宅地等の特例】です。
【小規模宅地等の特例】の規制緩和によって、間取りの自由度が増し、
さまざまなプランが可能になりました。
1階部分を自宅にして2階以上を賃貸マンションにするとか、最上階を
自宅にして眺望を楽しんだり、1階部分を貸店舗にして安定した収益を
狙うなど、さまざまなスタイルで土地の有効活用ができます。
このように、さまざまな土地活用方法についてのご相談も承ります。

関連記事

  • ちょっとした疑問・不安もお気軽に!電話で今すぐ相談!!0120406212
  • 家づくり・リフォーム・不動産の専門家が対応!メールで簡単個別相談受付中!!無料相談
go to top