不動産・相続・賃貸経営の相談・コンサルティングはネクスト・アイズ

メニュー
お知らせ
6/8更新 新型コロナウイルス感染拡大に関する弊社の取り組み

TOP > ブログ > 代表ブログ > 賃貸アパートの建築費と投資効率の目安!

賃貸アパートの建築費と投資効率の目安!
(2021.10.08)

緊急事態宣言も明け、人の流れも活発化してきています。第六波も心配されますが、ワクチン接種率は2回完了している人が 60%超。徐々に経済活動が再開されていることはいいことだと思います。

さて、先日土地の有効活用について、こんな相談がありました。
千葉に約 400坪あるが、どう有効活用したらよいか迷っているとのこと。ハウスメーカーに相談したら、賃貸アパートを建てましょうと言われ、不動産屋に相談したら、今高く売れるから売却しましょうと言われたそうです。

早速、市場調査を実施しました。
場所は最寄りの駅から徒歩20分。閑静な住宅街。
一戸建てが中心で、アパート、マンションはありますが、ほとんどが築20年以上のもの。当然空室が目立つものばかりでした。
人口動態も、国勢調査や住民基本台帳を下に調査。
賃借人の主体である生産年齢人口(15歳から64歳)は年々減少。
30年後の予測では、人口が-20%も減少するとの見立てでした。

もうこれだけでも賃貸アパートは無理ですよね。
また、賃料査定も1Kで4万円、1LDKで6万円、2LDKで8万円。
ハウスメーカーの提案はファミリータイプの2LDKでした。
収支の見方は土地の提供をしているので、最低 10%の表面利回りは必須条件。
仮に2LDKであれば60m2で換算すると、建築工事、付帯工事、外構工事、消費税他 諸費用含めて、ハウスメーカー施工で1戸当たり約1,800万円。
地元の工務店で約 1,400万円というのが相場だと思います。

表面利回りの算定式は、年間収入÷総事業費≧10%
ハウスメーカー施工 8万円/月×12か月÷1,800万円= 5.3%
地元の工務店施工  8万円/月×12か月÷1,400万円= 6.8%

どちらにしても収支は合いません。ちなみに1Kの場合の総事業費の目安は、以下の通りとなります。
 
建築本体工事費+付帯工事費+外構工事費+消費税+諸費用
ハウスメーカー施工 1K 25m2で1戸当たり約 1,000万円
地元の工務店施工  1K 25m2で1戸当たり約 750万円

前述の表面利回りの算定式、年間収入÷総事業費≧10%に当てはめると
ハウスメーカー施工 4万円/月×12か月÷1,000万円= 4.8%
地元の工務店施工  4万円/月×12か月÷ 750万円= 6.4%

さらに悪くなりますね。
ちなみに表面利回りから、かかる経費である管理費、修繕費、土地・建物の固定資産税、火災保険料などで約 3.0%程度を差し引くと、実質利回りは2.0%~3.0%程度です。

空室リスク、災害リスク、事故物件リスクなどを考慮すれば、2.0%~3.0%程度の利益では、投資する意味がありません。

 

 

★所有地での賃貸経営について、プロの意見を聞いてみたいという方は、ネクスト・アイズへどうぞ。ご相談ご希望の方はこちらから

お知らせ ネクスト・アイズは、東京都が促進している【空き家の発生抑制・有効活用・適正管理に関する普及啓発の取組と、空き家所有者等からの相談に無料で応じるワンストップ相談業務を一体的に実施する事業者】として選定されました。(2021年03月31日報道発表・都市整備局)詳細はこちら ネクスト・アイズは、令和3年度東京都空き家利活用等普及啓発・相談事業 事業者に選定されました(2021年03月31日報道発表・都市整備局)詳細はこちら
※お家にいながら専門家にご相談が可能な、「ウェブ相談サービス」を実施しております。
 お気軽にお問い合わせください。
  • ちょっとした疑問・不安もお気軽に!電話で今すぐ相談!!0120406212
  • 家づくり・リフォーム・不動産の専門家が対応!メールで簡単個別相談受付中!!無料相談
go to top