新築・リフォームで不動産・相続・賃貸のお悩み解決はネクスト・アイズ

メニュー

TOP > ブログ > 代表ブログ > 相続の手続き第2編 年金事務所、銀行、生命保険など

相続の手続き第2編 年金事務所、銀行、生命保険など
(2020.09.16)

9月も半ばを過ぎ、ようやく猛暑から解放され秋の気配が。まだ油断はできないものの、コロナの感染も少しずつ減少傾向。何も気がねなく、活動できる日が1日も早く来るといいですね。

 

さて、前回「相続の手続き」の続きです。
父親の除籍の手続きをするため、本籍地がある村役場へ行こうと思い、念のため確認の電話をすることに。ここで大きな問題が立ちはだかりました。

 

事情を説明したところで、村役場の人が第一声。

「ところで、東京から来られた方ですか。」
「はい、そうですが」
「いつ、東京から来られましたか?」
「4日前です。」
「残念ながら、コロナの影響で滞在2週間を経過してから来てください」
「えっ・・・」

 

絶句でした。

 

会津では、お盆まで感染者0でした。ところがこのお盆の帰省が原因で急激にコロナ感染者が増加。行政としてもかなり神経質に。

 

除籍の手続きについて尋ねたところ、すでに除籍は完了しているとのこと。葬儀屋さんが火葬の手続きをするために、役場に死亡届をだした時点で自動的に本籍地である戸籍謄本上に×の手続きをするそうです。流れ作業なのですね。

 

仕方なく、電話で完了できる作業にうつりました。
電気、ガス、水道などの公共料金の世帯主名義人の変更です。

 

次に銀行に問い合わせると、基本的に知った時点で銀行口座の凍結をしなくてはいけないので、聞かなかったことにするというやさしい言葉の前提で、一般的な手続き方法を教えてくれました。感謝です。

また、年金事務所や生命保険についても、電話で手続き方法を教えてくれました。また必要書類もすぐ送付してくれるとのこと。みなさんやさしい対応なのが、心にしみました。

 

 

次に、一人暮らしになる母の今後についてケアをしなければなりません。
身体障害者5級を持ってはいますが、今後介護のことを考えれば、要支援・要介護の認定を得なければなりません。

包括支援センターに、今後について電話で確認しました。流れとしては、主治医の診断書、役場からケアマネージャーが来訪してきて自宅の間取りの検証、本人との面談を経て約1か月後に判定とのこと。

 

ということで、介護認定ができる病院を調べたところ、8つの病院が該当。手続きを問い合わせしたところ、異口同音に役場の人と同じやり取り。やはり、2週間を経過した時点で来てくださいとのこと。

 

初七日、納骨と墓じまい、施設をどこにするか、施設の種類と料金、税務署への申告、空き家になる実家の整理と維持管理などなど。

まだまだ、やることがいっぱいです。

この続きはまた次号にて。

 

お知らせ ネクスト・アイズは、東京都が促進している【空き家の発生抑制・有効活用・適正管理に関する普及啓発の取組と、空き家所有者等からの相談に無料で応じるワンストップ相談業務を一体的に実施する事業者】として選定されました。(2020年03月31日報道発表・都市整備局)詳細はこちら ネクスト・アイズは、令和2年度東京都空き家利活用等普及啓発・相談事業 事業者に選定されました(2020年03月31日報道発表・都市整備局)詳細はこちら
※お家にいながら専門家にご相談が可能な、「ウェブ相談サービス」を実施しております。
 お気軽にお問い合わせください。
  • ちょっとした疑問・不安もお気軽に!電話で今すぐ相談!!0120406212
  • 家づくり・リフォーム・不動産の専門家が対応!メールで簡単個別相談受付中!!無料相談
go to top