新築・リフォームで不動産・相続・賃貸のお悩み解決はネクスト・アイズ

メニュー

TOP > ブログ > 代表ブログ > コロナの影響で、国の住宅支援策も延長!

コロナの影響で、国の住宅支援策も延長!
(2020.05.20)

一部の都道府県を残し、39の県では緊急事態宣言も解除され、新型コロナの感染拡大も終息ムード。東京でも感染者が激減し、まだ解除されていないものの経済活動の再開に向け動き出した様相です。油断はできませんが、少しだけ明るさがでてきました。

 

わが社でも、先週末から少人数ですがセミナーや個別相談も始めました。今月中はオンラインセミナーでいくことを決めていましたが、どうしても受講したいとのお客様からのご要望で、3人未満とすることと、三密を避け、換気など衛生面でも充分に配慮することでお客様との合意の上、実施しました。今週末も同条件で実施する予定です。

 

 

さて、その際にこんなご質問がありました。
昨年、消費税が増税されたことで、その後の景気が落ちないようにと国が類をみない住宅政策を発表しましたが、その後どうなりましたか、また、今後は何か優遇制度は追加されませんかというご質問です。

 

中国から発生した新型コロナウィルスですが、日本の建築資材の工場のほとんどが中国にあるため、トイレなどの生産と流通がストップ。住宅業界は3月に大パニックに陥りました。現在も一部では続いています。

 

このような理由から、まず次世代住宅ポイントが延長となりました。そして前述の住宅政策も、さまざまな延長が決定されています。

 

 

【フラット35】S の0.25%金利優遇が、2021年3月末までの申込分に延長されています。耐震性や省エネ性などが高い住宅に適用されます。

 

 

次に、住宅ローン控除の10年間から13年間への延長拡大措置。当初は2020年12月末までに入居が条件でしたが、新型コロナ感染拡大に伴い、2021年12月末までに入居が条件と、1年延長されました。ただし、注文住宅の場合は2020年9月末までに請負契約が条件です。

 

 

住まい給付金については、当初から2021年12月末までに入居が条件でしたから変更はありません。

 

 

つまり、類を見ないといわれた住宅支援策は、今でも有効になっています。今、住宅購入を検討している人は、かなりお得ということです。

 

 

 

弊社の試算で行けば、3,000万円の住宅ローンを組んで住宅購入した場合、この支援策を活用した場合と全く活用しなかった場合では、最終的な総支払額は、約500万円以上違っていました。

 

そうはいっても、この情勢で打合せもままならない中、なかなか経済的な損失だけで動く人はいないでしょうが、コロナがなければ住宅購入を検討していたという方は、自粛が解除された後には一考だと思います。

 

 

★WEBでのご相談も可能です。住宅支援策を活用して家づくりを検討される方など、進め方や資金計画等の不安を専門家に相談していただけます。ご希望の方はこちらから>>>

お知らせ ネクスト・アイズは、東京都が促進している【空き家の発生抑制・有効活用・適正管理に関する普及啓発の取組と、空き家所有者等からの相談に無料で応じるワンストップ相談業務を一体的に実施する事業者】として選定されました。(2020年03月31日報道発表・都市整備局)詳細はこちら ネクスト・アイズは、令和2年度東京都空き家利活用等普及啓発・相談事業 事業者に選定されました(2020年03月31日報道発表・都市整備局)詳細はこちら
※お家にいながら専門家にご相談が可能な、「ウェブ相談サービス」を実施しております。
 お気軽にお問い合わせください。
  • ちょっとした疑問・不安もお気軽に!電話で今すぐ相談!!0120406212
  • 家づくり・リフォーム・不動産の専門家が対応!メールで簡単個別相談受付中!!無料相談
go to top