新築・リフォームで不動産・相続・賃貸のお悩み解決はネクスト・アイズ

メニュー

TOP > ブログ > 代表ブログ > 情報収集よりも整理することが難しい

情報収集よりも整理することが難しい
(2018.11.19)

例年と比べ暖かい秋です。東京では勘違いをした桜の開花や季節外れの蝉の鳴き声も聞こえているとのこと。明日からは、寒くなるようですが。気がつけば11月も半ば。もう今年も終わりに近づいています。

 

さて、先日3姉妹の方からの相談がありました。
以前から私の著書である「家づくり必勝法」を読んで気になっていたとのこと。いつも東京でセミナーばかりで、遠くて行けないと思っていたところ、横浜平沼橋の展示場で私のセミナーがあり、参加されたことがきっかけでした。

 

築50年の実家をリフォームするべきか建替えるべきかを悩んでおり、家屋調査を実施した上で、リフォームした場合、建替えた場合のそれぞれの概算見積りを提示してきました。

既存建物が延床50坪近くあること、築50年ということで耐震性能がないだけでなく劣化も激しく、また無断熱で、設備も総入れ替えということになればリフォームの資金は約 3,500万円にものぼりました。

 

建替えた場合は、要望するボリュームが40坪でいいことから、高耐震・高断熱な平屋の建物で、約 4,000万円で済みます。

 

60代から70代の方々ですから、これからのことを考えれば耐震性や断熱性が高く、メンテナンスも最小限ですみ、バリアフリーな平屋がいいと思います。
予算もそれほど変わりません。

 

 

結論から言えば、新築しか考えられませんが、そこには自分たちが育った家、ご両親と暮らした家という思い入れがあり、なかなか結論が出せずにいらっしゃいました。

また、私と会う前に住宅展示場に行って新築の見積りをとったり、建築家の方々とお会いして、無料でプランをかいてもらったり、リフォーム会社とも接触をしていました。

それぞれが売り手の立場で都合の良いアドバイスを受けているものですから、何が自分たちにとって正しい選択なのかがわからなくなっていたのも迷いや混乱を招いた原因だと思われます。

 

その場で結論は出ませんでしたが、何かしらの形でお世話ができればと思いました。

 

新築するにしてもリフォームするにしても、その先にあるものは家族全員が不安なく、安全で豊かに暮らせることだと思います。

まだ連絡はありませんが、この結論が出たらご報告しますね。

 

お知らせ ネクスト・アイズは、東京都が促進している【空き家の発生抑制・有効活用・適正管理に関する普及啓発の取組と、空き家所有者等からの相談に無料で応じるワンストップ相談業務を一体的に実施する事業者】として選定されました。(2020年03月31日報道発表・都市整備局)詳細はこちら ネクスト・アイズは、令和2年度東京都空き家利活用等普及啓発・相談事業 事業者に選定されました(2020年03月31日報道発表・都市整備局)詳細はこちら
※お家にいながら専門家にご相談が可能な、「ウェブ相談サービス」を実施しております。
 お気軽にお問い合わせください。
  • ちょっとした疑問・不安もお気軽に!電話で今すぐ相談!!0120406212
  • 家づくり・リフォーム・不動産の専門家が対応!メールで簡単個別相談受付中!!無料相談
go to top