新築・リフォームで不動産・相続・賃貸のお悩み解決はネクスト・アイズ

メニュー

TOP > ブログ > 代表ブログ > 住宅ローンは65歳までに返済することが鉄則!

住宅ローンは65歳までに返済することが鉄則!
(2021.04.22)

4月も終盤にさしかかりました。
もう直ぐゴールデンウィークですが、昨年同様名前のような夢のある1週間ではなさそうです。

東京では先週からまん延防止等重点措置が発令され、全国にその広がりを見せています。
夢というよりも家での自粛期間が延々と続く我慢・辛抱ウィークになってしまいましたね。

昨年と違うのは、医療従事者・高齢者とワクチン接種が始まったこと。
完全に元に戻るわけではありませんが、少しずつ明るい期待と希望が見えてきています。

さて、13年間にもわたる住宅ローン控除の再延長、住宅取得資金贈与の非課税枠の再拡大、そしてグリーン住宅ポイント制度の創設など住宅優遇税制拡大の追い風を受け、土地も戸建てもマンションも1次取得者を中心に活発化しています。

特に戸建てに関しては、テレワークの影響からか問い合わせが多く、売り物件が出れば即申し込みが入る状況です。逆に建売業者などは仕入れが間に合わず、土地を売却する人にとっては好機とも言えます。

そんな中、

銀行にもよりますが、完済年齢は80歳というところがほとんどですから、45歳までの方なら十分35年ローンは組めます。現在の低金利では、変動金利であれば 0.5%をゆうに切る低金利です。

4,000万円を借りても、月々返済は 10万円程です。賃貸料と比較しても購入したほうが得ですし、収入によりますが13年間は所得税、住民税がただになるというメリットも大きいでしょう。

しかし、よく考えてください。80歳まで働いて収入が続くでしょうか。現状では65歳で退職ですし、雇用が延びても70歳と考えるのが妥当。

そうなると、65歳までであれば期間は20年。
70歳でも、期間は25年と考えるのが妥当
です。

期間が25年であれば月々返済は約 14万円強、期間が20年であれば月々返済は約17.5万円に跳ね上がります。

しかもこれは変動金利ですから、金利が上昇すればさらに支払いが跳ね上がり苦しくなります。

住宅ローンは若い時に借りるのが鉄則
可能なら30代前半というのが以前からの考え方です。現に私も30歳の時に購入し、あと数年で完済というところまで来ています。最近は、購入時期が遅くなってきているのも気になるところです。

住宅ローンを組む際には、老後の生活費や建物の維持費なども考慮した上で、期間には十分ご注意ください。

★住宅ローンなどの資金計画や不動産活用に関するお金について専門家に相談されたいという方は、ネクスト・アイズへどうぞ。ご希望の方はこちらから

お知らせ ネクスト・アイズは、東京都が促進している【空き家の発生抑制・有効活用・適正管理に関する普及啓発の取組と、空き家所有者等からの相談に無料で応じるワンストップ相談業務を一体的に実施する事業者】として選定されました。(2021年03月31日報道発表・都市整備局)詳細はこちら ネクスト・アイズは、令和3年度東京都空き家利活用等普及啓発・相談事業 事業者に選定されました(2021年03月31日報道発表・都市整備局)詳細はこちら
※お家にいながら専門家にご相談が可能な、「ウェブ相談サービス」を実施しております。
 お気軽にお問い合わせください。
  • ちょっとした疑問・不安もお気軽に!電話で今すぐ相談!!0120406212
  • 家づくり・リフォーム・不動産の専門家が対応!メールで簡単個別相談受付中!!無料相談
go to top